ビタミンCは白血球の活動を高める。

こんにちは!かのえ鍼灸整骨院の宮川です。

さて今日の栄養学は『ビタミンCは白血球の活動を高める』です。

あんなに暑かった夏も終わり、一気に寒くなり風邪をひく人も増えてきているのでは無いでしょうか?

薬を飲む人や漢方薬がいいと、多用する人、抗生物質を飲む人もいるでしょう。

今回は薬に頼らずビタミンCを取ろう!っていう事をお伝えします。

風邪のほとんど九割近くウイルスによるもので、後一割は菌によるものらしい。その一割のために、抗生物質を飲むというのは、かなり危険な事で、腸内細菌を殺し、免疫力を下げていることになる。

ビタミンCの抗ウイルス作用は

①直にウイルスを攻撃して破壊する

②白血球の食作用を増強する

③インターフェロンを作って間接的にウイルスの活動を阻止すること。

である。

白血球はビタミンC血中濃度の存在下で力を発揮する。

ヘルペスウイルスの患者血中濃度はかなり低いという報告や、がん患者の3人に1人はビタミンCの血中濃度が0であるという報告もある。

風邪を引きそうになったら1時間に1グラムから2グラムのビタミンCの摂取が良いらしい。

結構僕は真剣になるべく薬に頼らない世の中というのを考えています。

そういった仲間が1人でも多く、集まってくれればと思いますので、よろしくお願いします