マグネシウム不足に気を付けて!!

 

マグネシウムは、筋肉や内臓、精神などにおおきな影響を与える大切なミネラルです。

不足するといろいろな症状が出てきます。チェックしてみましょう!!

マグネシウム不足が引き起こす症状10の症状!!

  • 糖分が欲しくて仕方がなくなる。
  • 筋肉痛とけいれんがよく起こる。
  • 不眠。足がムズムズして眠れない。
  • 骨が曲がったり、折れやすい。
  • 胃酸が逆流する。
  • ストレスと無気力を感じる
  • 便秘である。
  • 倦怠感がある
  • 頭痛によくなる
  • 血圧が常に高い

摂取はサプリメント、ナッツ、豆腐、肉、ブロッコリー、バナナに含まれています。

マグネシウムの不足は高度になると命にかかわります。こまめに摂取しましょう!

学級、職場崩壊は質的栄養障害から?

今年ももうすぐ終わりますねー、、。

さて今年最後の栄養学は『学級、職場崩壊は質的栄養障害から?』です。

来年も皆様がよりよい環境で勉強でき、仕事をする為には人と人との関係が大切でしょう。

人それぞれ色々な環境で育っているので、住む場所、国籍や人種、宗教など共通点はあるものの個人や家庭や地域性の習慣や性質があり、それに対して『許せる』というのが大切だと思います。

では、『許せない』時に人はそれを排除しようとするのがイジメや嫌がらせになるのではないでしょうか?

『許す』というのは目や耳、臭いなどその個人にとってな 嫌悪を感じる感覚を脳の中で抑制又は慣れを起こすという事になるのではないでしょうか?

脳の中の感覚情報は伝達物質によって興奮したり抑制したりする。

許すというのは、伝達物質により抑制する事が大切なのではないでしょうか?

質的栄養障害になると脳に入ってきた『許せない』感覚情報を抑制できなくなり、我慢が出来なくなり、排除行動をとってしまう。

脳の伝達物質というのは、タンパク質を基に補酵素であるビタミン、補因子である鉄やミネラル、コレステロールなどの材料が必要です。

職場や学級が崩壊しているという事は、その原因となっている個人の家庭も崩壊している事が多いらしい。

皆さんの周りの環境はどうですか?

色々あると思いますが、崩壊の原因の一つとしてみてもいいのではないでしょうか?

では皆さま良いお年を、、。

 

 

歯茎の出血傾向は致命的なコラーゲンとビタミンC不足

こんにちは、かのえ鍼灸整骨院の宮川です。
 
今回は「歯茎の出血傾向は致命的なビタミンCとコラーゲン不足」
です。
歯の痛みの患者様が来られたのですが、歯を磨いた時に出血が止まらないということでしたので、今回は歯茎の出血について書いていこうと思います。
 
ビタミンCの不足した時にでる症状として壊血病というのがあります。この症状は容易に出血してしまいます。
これは、ビタミンCはコラーゲンを合成する際に必要だからです。ビタミンCが不足するとコラーゲンを合成することができなくなり皮膚、血管が劣化してしまい、容易に出血してしまうということになります。
 
歯茎もコラーゲンで構成されており、もしコラーゲンの材料であるたんぱく質と合成するためのビタミンCが不足すると歯茎が出血傾向になるということになる。
 
歯茎だけでなく、肌や血管もコラーゲンで大部分が構成されているので、いつの間にか内出血することがある場合、致命的にたんぱく質とビタミンCが不足していると考えらます。
 
血管が出血傾向になるということは脳出血やクモ膜下出血になりやすいという事にもなる。
意識して摂っていただく必要があります。
 
ビタミンCは水溶性ビタミンで一日2グラム以上取る必要があります。
水溶性なので尿で出てしまうので5回に分けて取ることをお勧めします。
2グラムというのはレモン40個分に相当します。食べ物でとるのはほぼ不可能なので、サプリメントでとることをお勧めします。ビタミンCは構造的に単純な構造なので合成であろうが天然であろうがあまり関係ないので、商品に関係なく摂ってくださいね。
 
では皆さまの健康でことを願っています。