OD(起立性調整障害)の栄養指導について

1・起立性調整障害とは?

OD(Orthostatic  Dysregulation:起立性調整障害)という自律神経失調症の一種の症状が最近小、中学生の間で問題になっている。

現在の小中学生の20%位がその疑いがあるらしい。

症状としては、立ちくらみや失神、朝起きの不良、倦怠感、動悸、頭痛など。不登校の3~4割はODに併存するらしい。

成因としては、自律神経の失調、水分不足、心理的ストレス、日常の活動量の低下などとなっている。(日本小児心身医学会参考)

2・当院での栄養指導

当院にも、時々ODの症状をもった学生、原因不明の登校拒否の学生が来院されます。

当院での考え方として

①エネルギー代謝の問題

②重度な鉄タンパク(フェリチン)不足

③酸欠

と考えています。

さて、まず①について。エネルギー代謝とについては前回のブログで説明しているので省かせていただくとして、エネルギー代謝に必要なまず大切なビタミンとしてはビタミンB群です。ビタミンB群はエネルギー不足の改善に深くかかわっています。それはエネルギー源である糖質・脂質・タンパク質の代謝に欠かせない働きを持っています。エネルギーが必要になったときエネルギー代謝を円滑に行われなければいけないため、常に栄養素が十分存在していなければいけないのですが、水溶性ビタミンであっるため体内に保持されにくいため不足しがちです。

ミネラルとしてはマグネシウムが必要です。マグネシウムは体内で600もの生命反応にかかわっており、不足するとうつ病、逆流性食道炎、目のぴくぴく、足がつるなどの症状がでます。マグネシウムはサプリメントでとると高濃度過ぎて吸収が悪かったり、種類によっては健康を害する場合があるので短期的な使用することをおすすめします。



当院ではビタミンC2グラムとビタミンB-50を朝昼晩の3回。マグネシウムの摂取は、海藻類と豆類の食事で摂取できます。大体400ミリgから500ミリgを目安に摂取してください。あとお勧めで入浴剤としてエプサムソルト(硫化マグネシウム)を入浴時にいれて経皮吸収する方法があります

②鉄タンパク(フェリチン)不足。日本の女性の9割は鉄分不足と言われています。健康診断で貧血がなくても、本当に鉄不足か知るためにはフェリチン値を知る必要がありあす。このフェリチンとは、鉄と結合しているタンパク質のことで体の組織の細胞質に存在しています。このフェリチンが不足した状態を「潜在性鉄欠乏症」といいます。この欠乏症の症状としては、軽いもので頭痛、イライラ、だるいなどの不定愁訴から、うつやパニック症状を訴えます。当院での指導としては、鉄のサプリメントの摂取、フライパンを鉄素材のものに変えるなどの指導をします。

ただ鉄というのは摂取が難しく、野菜(ほうれん草やチンゲン菜)ではほとんど摂取できないので、やはり、サプリメントを使用を勧めます。









お茶の中のタンニンで摂取が大幅に落ちてしまうので水で飲むこと。吸収率を上げるためビタミンCと摂取する。ビタミンEとは相性が悪く吸収率が落ちてしまうので同時に取らない。

タンパク質が不足していると鉄を摂りにくいという方がいます。まずプロテインなどでタンパク質を十分摂取してから鉄サプリを摂りましょう。だいたい体重×1グラム~2グラムが目安で、50キロ人は50グラムといった感じです。

海外製サプリが費用対効果がよく、高品質なものが多いので

をご購入を検討してみてください。。

 

エネルギー代謝について

今回は生体活動するのに必要なエネルギー代謝について解説します!!

人はATPを分解させることによって運動や生命活動を行うエネルギーを得ている。このATPは細胞質で(解糖系)とミトコンドリア(クエン酸回路、電子伝達系)でブドウ糖や脂肪酸を分解して作られます。

ダンベル・バーベル・サンドバッグ

1・解糖系

解糖系は細胞の細胞質基質で行われます。材料はグルコースです。

まず、グルコースに2ATPがきてリン酸をグルコースに渡されます。そのため、グルコースは2つに分かれます(ビリルビン酸)。そこにNAD+と脱水素酵素が来ます。NAD+は水素が大好きです。そこで脱水素酵素が水素を抜いて、NAD+が受け取りNADHになります。水素を抜かれたため困っていたら、そこら辺にあるリン酸をもたされます。リンを持ったはいいけど重くてしんどいので4つのADPを呼んできて、リン酸を渡します。これで4つのATPができます。

はじめ2つのATPが奪われますが、最終的には2つのATPができます。

このように糖が2つに分かれるので解答系といいます。

2・クエン酸回路

ここからはミトコンドリアに場所が移ります。

先ほど2つに分かれたグルコースは、ビリルビン酸といわれます。

このビリルビン酸は脱炭素酵素(これもNAD+が水素を持っていく)と脱水素酵素(二酸化炭素ができる。)がやってきてビリルビンから炭素と水素を抜いていきます。それで炭素数2つの活性酢酸ができます。そしてミトコンドリア内にあるオキサロ酢酸とくっついてクエン酸になります。ここでGDPの手伝いでATPが1つできる。またここでも、水素大好きNAD+やFADが脱水素酵素によって水素をたくさん奪っていきます。さらに脱炭酸酵素が炭素を奪い、酸素とくっついて二酸化炭素になります。こんな風にこねくりまわっされて再びクエン酸になります。

グルコースは2つのビルビン酸にができてたので、1つのグルコースからクエン酸回路では2つのATPができます。

オキサロ酢酸からクエン酸になりまたオキサロ酢酸に戻るのでクエン酸回路といいます。

ちなみにわれわれが出している二酸化酸素はここからでています。

3・電子伝達系

先ほど水素を奪ったNAD+やFADはNADHとFADH2(FADは2つも水素を奪う)になります。水素を奪っていい気になっているNADHやFADH2はミトコンドリアの膜についているたんぱく質にぶつかり水素を引き離してしまいます。さらに電子も引き離してしまい、電子と水素イオンになってしまいます。その電子はそのまま、膜の上を流れていきます。ぶつかって怒ったたんぱく質は、水素イオンを膜の外にほうりだしたり、水素イオンに電子をくっつけて水素に戻し、無理やり酸素とくっつけて水分子にさせます。酸素はミトコンドリアの内膜のたんぱく質を落ち着かせるために存在します。

外にほうりだされた水素イオンが膜の外でいっぱいになると、+の電荷を持っているのでお互いに離れようとします。何とか+の電荷の少ない膜の中に戻ろうとして、膜の上にあるATP合成酵素のたんぱく質のなかを通ろうとします。このたんぱく質の中にはADPとリン酸がたくさん含まれているので、水素イオンが無理やり通ろうとするとその衝撃でくっついていてATPを作ります。

電子がうろうろしてATPができるので電子伝達系といいます。ちなみにここでできるATPは34個できます。

このように、1個のグルコースから38個のATPができることになります。

4・ちょっと臨床の話

さてこのようにエネルギーであるATPができますが、ビリルビンがミトコンドリアに入る時、補酵素としてビタミンB1が必要となります。またミトコンドリア内でもビタミンBなどの補酵素がたくさん必要となります。脚気はビタミンB1が不足したためミトコンドリアでエネルギーを作ることができないためにおこります。

また、お肉などにたくさん含まれる長鎖脂肪酸はミトコンドリアの中に入ろうとすればカルニチンが必要です。一時羊の肉がはやりましたが、羊の肉にはカルニチンがたくさん含まれているからですね。

そのため、精神的ストレスやなれないことをしたり、激しいスポーツをしたりするとエネルギーの必要量が増えます。そのため糖分を大量に取る方がいますが、同様にビタミンを大量に取らないといけません。

脳はエネルギーを20パーセント使い体温維持にも60パーセント以上エネルギーを必要とします。長期間の体に与えるストレスはエネルギー不足を招き、体温維持や脳の働き、パフォマンスの低下、また補酵素、補因子不足による症状(怪我などの身体的、うつ病などの精神的な症状)を招きます。

もっとたくさん臨床について書きたいですが今日はここまで!

皆さんもよりよい生活を送るためにビタミンをたくさん取ってくださいね!!

海外製高品質サプリメントはこちらで

エネルギー代謝と冷え症

今日は、かのえ鍼灸整骨院の宮川です。

今日の栄養学は『エネルギー代謝と冷え性』です。

代謝、代謝と最近流行りであるが、生体の代謝には『エネルギー代謝』と『物質代謝』に大きく分かれる。

今回はエネルギー代謝と体温について書いていこうと考えている。

人体の体温に使われる必要なエネルギーというの、物凄く多く全エネルギーの6・7割ほど使われる。それだけ体温というのが人体の生命維持に必要であるという事です。

体温はエネルギーを消費した時に出る熱で発生します。

体温が低いというのは体のエネルギー代謝が低いことを意味するのです!!

体の中で代謝を起こすための適正温度というのがあって、35度から40度の間とされている。体温が低いというのは、生体反応や代謝が起こりにくくなり免疫を低下させ感染症にかかりやすくなったり、腸の筋活動が悪くなり便秘になったり、消化不良など体の機能を落としてしまうことになったり精神活動の低下などもおこるのです!最悪命を落とす結果にもなりかねません。(冬山などで低体温で意識を失うみたいなのです)

足先や手先が常に冷たい方は中心の温度(核心温度)が低いと想像できます。

では、そのエネルギー代謝を上げ、体温を上げるためにはどうすればいいのでしょう?

運動?

ホッカイロを使う?

厚着をする?

などありますが、どれも一時的な効果にすぎません。効果的に抹消まで体温を上げるためには核心温度を上げる必要があります。

そのためにはそのエネルギー代謝に必要なの材料とある物質の補給が優先的に行われる必要があります。

ですので冷え性の人は、まずたんぱく質(動物性)ビタミン、ミネラルを自分の思っているより多くとってくださいね!!

必要なビタミンなどの相談についてはまたご連絡くださいねーーー

子供の低血圧

皆さんこんにちは。かのえ鍼灸整骨院の宮川です。

最近、僕の周りで子供が朝起き上がれなくて、学校に行かないという学生がかなり多いらしい。

僕の周りでも5.6人、近隣だけで同じ症状の子供がいるとのことで、ちょっと大変なことになりそうであるので、低血圧(詳しくは起立性調節障害というらしいが)に対しての栄養学について書いていくことにします。

起立性調節障害は朝起きた時に体位が変わっても血圧の変動が起こりにくく、朝気分が悪い、立ち眩み、めまい、疲れやすい、乗り物酔いをしやすいなどが症状であるが、学生では起き上がれなくて学校にいけないというのが、かなり増えているようです。その症状を持った子供は、怠けていると誤認されやすいみたいです。

親の心労もかなりのもので、時に母親は心身ともに疲弊してしまうらしい

自律神経というのは、内臓や血圧など人間の生命維持のために働きを自律して行う神経なのですが、その情報を伝達するために必要な物質があります。それはアセチルコリンとアドレナリンというものです。

脳血流は心臓の血圧によって調整されているのですが、もし、必要な血液が血圧が低いために送れなかった場合、めまいやふらつきが起こります。その血圧の状態は立っている、歩いている状態、座位の状態で大きく変化するので、姿勢を変えると症状が起こるというのはこのためです。

栄養学的な考え方の一つとして、アドレナリンなどの血圧をあげる物質が材料が不足、またはエネルギー不足に陥ている可能性が高い。また、立位を保持するための持続的な伝達物質の分泌不可なども考えられる。

アドレナリンやアセチルコリンというのは、たんぱく質が鉄分やナイアシンなどのビタミンBの働きで合成されます。(アセチルコリンにはレプシンというリン脂質も必要ですが)

また、細胞内呼吸にはビタミンB群が必要です。細胞が呼吸することによって体の活動に必要なエネルギーができます。

起立性調節障害に必要な栄養素として

たんぱく質   一日体重の1000分の1グラム

ヘム鉄、ビタミンB 鉄の吸収をよくするためのビタミンC

お子様が朝起きられない、めまい、顔面蒼白などがある時は一度試してください。一応臨床では2から3か月で改善するという報告があります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

尿酸には強い抗酸化作用がある!!

さてさて秋も深まり、そろそろ忘年会シーズンに突入しますが、お酒の飲む機会が増えると気になるものの一つが尿酸値ではないでしょうか?

尿酸というのは、プリン体という核酸が代謝された、最終産物です。

最近ではプリン体をなくした食品やビールが売られているので皆さんもご存知でだと思いますが、どちらかというと悪者扱いにされていることの方が多いのではないでしょうか?

ですが、実はいうとこの尿酸、高い抗酸化物質であり、老化や細胞を守る役割があるのです。

昔、どこかの国で化粧水代わりにおしっこを顔に塗っていたというのをきいたことがありますが、肌に塗ることによって肌の酸化を防ぐためという事なのかもしれません。

さて、尿酸値が高くなると痛風になるのでプリン体をたくさん摂ってはいけない!!というのが常識的になっているのですが、いろいろ調べると、人間は尿酸があるから、ビタミンCを作らなくてよくなった、という文献もあるくらい抗酸化作用があるという事らしい。しかもその抗酸化作用はビタミンC よりはるかに高いらしい。

またアルツハイマーやパーキンソン病の方の尿酸の血中濃度が低いことから、これらの病気にも有効な物質である可能性がある。

本当であれば、尿酸が高くなれば喜ばしいのであるが、悪者にされるのにはその性質にある。

その性質は

①水にわずかしか溶けづ、

②低温下で結晶化しやすい

③酸性化で析出しやすい。

という事である。

すなわち、体温が低く、酸化ストレスがおおくかかる人には、尿酸が高くなり、結晶化し痛風になるという事なる。

もっと言うと、エネルギー代謝が悪く、活性酸素をためた状態にいるという事になるのでしょうか。

これに対しての、対応として尿酸に頼らない抗酸化物質をとる。エネルギー代謝を上げる栄養を摂るといことになる。あと、体温を運ぶための循環を良くすることが対応策となる。

薬を使うというのは肝臓に与える副作用が大きいみたいなので、きをつけてもらいたい。

対応に関してはまたご連絡いただければと思います。

https://iherb.co/4erqfD5j