OD(起立性調整障害)の栄養指導について

1・起立性調整障害とは?

OD(Orthostatic  Dysregulation:起立性調整障害)という自律神経失調症の一種の症状が最近小、中学生の間で問題になっている。

現在の小中学生の20%位がその疑いがあるらしい。

症状としては、立ちくらみや失神、朝起きの不良、倦怠感、動悸、頭痛など。不登校の3~4割はODに併存するらしい。

成因としては、自律神経の失調、水分不足、心理的ストレス、日常の活動量の低下などとなっている。(日本小児心身医学会参考)

2・当院での栄養指導

当院にも、時々ODの症状をもった学生、原因不明の登校拒否の学生が来院されます。

当院での考え方として

①エネルギー代謝の問題

②重度な鉄タンパク(フェリチン)不足

③酸欠

と考えています。

さて、まず①について。エネルギー代謝とについては前回のブログで説明しているので省かせていただくとして、エネルギー代謝に必要なまず大切なビタミンとしてはビタミンB群です。ビタミンB群はエネルギー不足の改善に深くかかわっています。それはエネルギー源である糖質・脂質・タンパク質の代謝に欠かせない働きを持っています。エネルギーが必要になったときエネルギー代謝を円滑に行われなければいけないため、常に栄養素が十分存在していなければいけないのですが、水溶性ビタミンであっるため体内に保持されにくいため不足しがちです。

ミネラルとしてはマグネシウムが必要です。マグネシウムは体内で600もの生命反応にかかわっており、不足するとうつ病、逆流性食道炎、目のぴくぴく、足がつるなどの症状がでます。マグネシウムはサプリメントでとると高濃度過ぎて吸収が悪かったり、種類によっては健康を害する場合があるので短期的な使用することをおすすめします。



当院ではビタミンC2グラムとビタミンB-50を朝昼晩の3回。マグネシウムの摂取は、海藻類と豆類の食事で摂取できます。大体400ミリgから500ミリgを目安に摂取してください。あとお勧めで入浴剤としてエプサムソルト(硫化マグネシウム)を入浴時にいれて経皮吸収する方法があります

②鉄タンパク(フェリチン)不足。日本の女性の9割は鉄分不足と言われています。健康診断で貧血がなくても、本当に鉄不足か知るためにはフェリチン値を知る必要がありあす。このフェリチンとは、鉄と結合しているタンパク質のことで体の組織の細胞質に存在しています。このフェリチンが不足した状態を「潜在性鉄欠乏症」といいます。この欠乏症の症状としては、軽いもので頭痛、イライラ、だるいなどの不定愁訴から、うつやパニック症状を訴えます。当院での指導としては、鉄のサプリメントの摂取、フライパンを鉄素材のものに変えるなどの指導をします。

ただ鉄というのは摂取が難しく、野菜(ほうれん草やチンゲン菜)ではほとんど摂取できないので、やはり、サプリメントを使用を勧めます。









お茶の中のタンニンで摂取が大幅に落ちてしまうので水で飲むこと。吸収率を上げるためビタミンCと摂取する。ビタミンEとは相性が悪く吸収率が落ちてしまうので同時に取らない。

タンパク質が不足していると鉄を摂りにくいという方がいます。まずプロテインなどでタンパク質を十分摂取してから鉄サプリを摂りましょう。だいたい体重×1グラム~2グラムが目安で、50キロ人は50グラムといった感じです。

海外製サプリが費用対効果がよく、高品質なものが多いので

をご購入を検討してみてください。。

 

エネルギー代謝について

今回は生体活動するのに必要なエネルギー代謝について解説します!!

人はATPを分解させることによって運動や生命活動を行うエネルギーを得ている。このATPは細胞質で(解糖系)とミトコンドリア(クエン酸回路、電子伝達系)でブドウ糖や脂肪酸を分解して作られます。

ダンベル・バーベル・サンドバッグ

1・解糖系

解糖系は細胞の細胞質基質で行われます。材料はグルコースです。

まず、グルコースに2ATPがきてリン酸をグルコースに渡されます。そのため、グルコースは2つに分かれます(ビリルビン酸)。そこにNAD+と脱水素酵素が来ます。NAD+は水素が大好きです。そこで脱水素酵素が水素を抜いて、NAD+が受け取りNADHになります。水素を抜かれたため困っていたら、そこら辺にあるリン酸をもたされます。リンを持ったはいいけど重くてしんどいので4つのADPを呼んできて、リン酸を渡します。これで4つのATPができます。

はじめ2つのATPが奪われますが、最終的には2つのATPができます。

このように糖が2つに分かれるので解答系といいます。

2・クエン酸回路

ここからはミトコンドリアに場所が移ります。

先ほど2つに分かれたグルコースは、ビリルビン酸といわれます。

このビリルビン酸は脱炭素酵素(これもNAD+が水素を持っていく)と脱水素酵素(二酸化炭素ができる。)がやってきてビリルビンから炭素と水素を抜いていきます。それで炭素数2つの活性酢酸ができます。そしてミトコンドリア内にあるオキサロ酢酸とくっついてクエン酸になります。ここでGDPの手伝いでATPが1つできる。またここでも、水素大好きNAD+やFADが脱水素酵素によって水素をたくさん奪っていきます。さらに脱炭酸酵素が炭素を奪い、酸素とくっついて二酸化炭素になります。こんな風にこねくりまわっされて再びクエン酸になります。

グルコースは2つのビルビン酸にができてたので、1つのグルコースからクエン酸回路では2つのATPができます。

オキサロ酢酸からクエン酸になりまたオキサロ酢酸に戻るのでクエン酸回路といいます。

ちなみにわれわれが出している二酸化酸素はここからでています。

3・電子伝達系

先ほど水素を奪ったNAD+やFADはNADHとFADH2(FADは2つも水素を奪う)になります。水素を奪っていい気になっているNADHやFADH2はミトコンドリアの膜についているたんぱく質にぶつかり水素を引き離してしまいます。さらに電子も引き離してしまい、電子と水素イオンになってしまいます。その電子はそのまま、膜の上を流れていきます。ぶつかって怒ったたんぱく質は、水素イオンを膜の外にほうりだしたり、水素イオンに電子をくっつけて水素に戻し、無理やり酸素とくっつけて水分子にさせます。酸素はミトコンドリアの内膜のたんぱく質を落ち着かせるために存在します。

外にほうりだされた水素イオンが膜の外でいっぱいになると、+の電荷を持っているのでお互いに離れようとします。何とか+の電荷の少ない膜の中に戻ろうとして、膜の上にあるATP合成酵素のたんぱく質のなかを通ろうとします。このたんぱく質の中にはADPとリン酸がたくさん含まれているので、水素イオンが無理やり通ろうとするとその衝撃でくっついていてATPを作ります。

電子がうろうろしてATPができるので電子伝達系といいます。ちなみにここでできるATPは34個できます。

このように、1個のグルコースから38個のATPができることになります。

4・ちょっと臨床の話

さてこのようにエネルギーであるATPができますが、ビリルビンがミトコンドリアに入る時、補酵素としてビタミンB1が必要となります。またミトコンドリア内でもビタミンBなどの補酵素がたくさん必要となります。脚気はビタミンB1が不足したためミトコンドリアでエネルギーを作ることができないためにおこります。

また、お肉などにたくさん含まれる長鎖脂肪酸はミトコンドリアの中に入ろうとすればカルニチンが必要です。一時羊の肉がはやりましたが、羊の肉にはカルニチンがたくさん含まれているからですね。

そのため、精神的ストレスやなれないことをしたり、激しいスポーツをしたりするとエネルギーの必要量が増えます。そのため糖分を大量に取る方がいますが、同様にビタミンを大量に取らないといけません。

脳はエネルギーを20パーセント使い体温維持にも60パーセント以上エネルギーを必要とします。長期間の体に与えるストレスはエネルギー不足を招き、体温維持や脳の働き、パフォマンスの低下、また補酵素、補因子不足による症状(怪我などの身体的、うつ病などの精神的な症状)を招きます。

もっとたくさん臨床について書きたいですが今日はここまで!

皆さんもよりよい生活を送るためにビタミンをたくさん取ってくださいね!!

海外製高品質サプリメントはこちらで

マグネシウム不足に気を付けて!!

 

マグネシウムは、筋肉や内臓、精神などにおおきな影響を与える大切なミネラルです。

不足するといろいろな症状が出てきます。チェックしてみましょう!!

マグネシウム不足が引き起こす症状10の症状!!

  • 糖分が欲しくて仕方がなくなる。
  • 筋肉痛とけいれんがよく起こる。
  • 不眠。足がムズムズして眠れない。
  • 骨が曲がったり、折れやすい。
  • 胃酸が逆流する。
  • ストレスと無気力を感じる
  • 便秘である。
  • 倦怠感がある
  • 頭痛によくなる
  • 血圧が常に高い

摂取はサプリメント、ナッツ、豆腐、肉、ブロッコリー、バナナに含まれています。

マグネシウムの不足は高度になると命にかかわります。こまめに摂取しましょう!

学級、職場崩壊は質的栄養障害から?

今年ももうすぐ終わりますねー、、。

さて今年最後の栄養学は『学級、職場崩壊は質的栄養障害から?』です。

来年も皆様がよりよい環境で勉強でき、仕事をする為には人と人との関係が大切でしょう。

人それぞれ色々な環境で育っているので、住む場所、国籍や人種、宗教など共通点はあるものの個人や家庭や地域性の習慣や性質があり、それに対して『許せる』というのが大切だと思います。

では、『許せない』時に人はそれを排除しようとするのがイジメや嫌がらせになるのではないでしょうか?

『許す』というのは目や耳、臭いなどその個人にとってな 嫌悪を感じる感覚を脳の中で抑制又は慣れを起こすという事になるのではないでしょうか?

脳の中の感覚情報は伝達物質によって興奮したり抑制したりする。

許すというのは、伝達物質により抑制する事が大切なのではないでしょうか?

質的栄養障害になると脳に入ってきた『許せない』感覚情報を抑制できなくなり、我慢が出来なくなり、排除行動をとってしまう。

脳の伝達物質というのは、タンパク質を基に補酵素であるビタミン、補因子である鉄やミネラル、コレステロールなどの材料が必要です。

職場や学級が崩壊しているという事は、その原因となっている個人の家庭も崩壊している事が多いらしい。

皆さんの周りの環境はどうですか?

色々あると思いますが、崩壊の原因の一つとしてみてもいいのではないでしょうか?

では皆さま良いお年を、、。

 

 

エネルギー代謝と冷え症

今日は、かのえ鍼灸整骨院の宮川です。

今日の栄養学は『エネルギー代謝と冷え性』です。

代謝、代謝と最近流行りであるが、生体の代謝には『エネルギー代謝』と『物質代謝』に大きく分かれる。

今回はエネルギー代謝と体温について書いていこうと考えている。

人体の体温に使われる必要なエネルギーというの、物凄く多く全エネルギーの6・7割ほど使われる。それだけ体温というのが人体の生命維持に必要であるという事です。

体温はエネルギーを消費した時に出る熱で発生します。

体温が低いというのは体のエネルギー代謝が低いことを意味するのです!!

体の中で代謝を起こすための適正温度というのがあって、35度から40度の間とされている。体温が低いというのは、生体反応や代謝が起こりにくくなり免疫を低下させ感染症にかかりやすくなったり、腸の筋活動が悪くなり便秘になったり、消化不良など体の機能を落としてしまうことになったり精神活動の低下などもおこるのです!最悪命を落とす結果にもなりかねません。(冬山などで低体温で意識を失うみたいなのです)

足先や手先が常に冷たい方は中心の温度(核心温度)が低いと想像できます。

では、そのエネルギー代謝を上げ、体温を上げるためにはどうすればいいのでしょう?

運動?

ホッカイロを使う?

厚着をする?

などありますが、どれも一時的な効果にすぎません。効果的に抹消まで体温を上げるためには核心温度を上げる必要があります。

そのためにはそのエネルギー代謝に必要なの材料とある物質の補給が優先的に行われる必要があります。

ですので冷え性の人は、まずたんぱく質(動物性)ビタミン、ミネラルを自分の思っているより多くとってくださいね!!

必要なビタミンなどの相談についてはまたご連絡くださいねーーー

出血、骨折しやすい時はビタミンK

こんにちは😃かのえ鍼灸整骨院の宮川です。

今回の栄養学はビタミンKについてです。

最近ビタミンDやKについて調べる機会があり、なかなか面白かったので書いていこうとおもいます。

超高齢化社会に突入しつつあり、高齢の方でいつぶつけたか分からないけど内出血がおこったり骨折したりするというのはよく聞きます。

高齢の方の中には心臓病や脳梗塞を患い溶解剤を服用されている場合は出血しやすいので仕方がないのですが最近の傾向を見ていると、若い人でも簡単に出血しやすい人をよく見かける事があります。

そんな方 はビタミンk不足なのかもしれません。

ビタミンKの作用はカルシウムの結合能を与え、骨代謝や骨のカルシウムの沈着に働く他、血液凝固に必要なタンパク質の合成に働き、内出血や過剰な月経を抑える。

さらに血管の石灰化を防いだり、腎臓では尿蛋白の合成に働く為、腎結石の予防にも働く。

ビタミンDとの相性が良く骨代謝に関しては相乗効果があるらしい。

他にも肝臓のエネルギー代謝にも関係するので、何かと必要性が高い。

明日葉や納豆に沢山含まれているので、鼻血がたまりにくい、青あざになりやすい方は是非継続的に食べて下さいね!

では、では、、

タンパク質不足は薬物の副作用しか起こさない。

こんにちは!かのえ鍼灸整骨院の宮川です。

今回の栄養学は『タンパク質不足は薬の副作用しか起こさない』です。

さて、人間の肝臓に含まれる酵素でシクロトームp450という、ものすごく優れた物がある。

私達が摂取した薬💊のほとんどは肝臓で代謝され、無毒化してくれる。

少し大雑把だが、このため身体中いつまでも薬物が残った状態にならず、副作用も起こりにくくなる。

このシクロトームp450は鉄を含んだタンパク質でできている。また、その活性にはビタミンcを必要とするのです。

したがって、タンパク質と鉄、ビタミンcの血中濃度が低い状態であれば、薬物が代謝されず副作用が出てしまうという事であるらしい。

不思議と鉄とタンパク質が不足した状態では副作用が目立って出てきてしまうらしい。

ただ気を付けなければいけないのが、排気ガス、焼き魚やよく焼いたステーキなどベンツピレンという炭化水素がシクロトームp450に代謝されると、発癌性を発揮してしまうので、あまり焼きすぎた食べ物は控えておいた方がいいみたいです。

ただ、ビタミンcの血中濃度が高いと発癌性を防ぐ事が出来る見たいなので、ビタミンcもたくさん取ってくださいね!

#枚方#交野市#鍼灸#整骨院#ビタミンc#鉄#タンパク質#発癌性#シクロトームp450#代謝#薬の副作用#ベンツピレン#芳香族炭化水素#栄養学

ビタミンcで減らせるインスリン投与量。

こんにちは😃枚方津田駅、交野市のかのえ鍼灸整骨院、宮川です。

今週の栄養学は『ビタミンcで減らせるインスリン投与量』です。

世界的に糖尿病患者は11人に1人の割合で罹患しており、日本でも笑い事ではなく、予備軍合わせて1000万人となっている。年齢で考えらばかなりの割合で糖尿病になる確率が高いかいう事になるだろう。

糖尿病に対してビタミンcが有効だったとしたらどうだろ?

インスリンを合成する工場は、膵臓のランゲルハンス島のベーター細胞である。このランゲルハンス島の正常な機能の保持に、ビタミンcが役割をもっている。

モルモットの実験でビタミンc欠乏食を与えると、ランゲルハンス島に変性が起こる事が確認されている。

インドでの研究では、ビタミンcには、腸管におけるブドウ糖吸収を抑制する作用があるとし、ビタミンcが欠乏すると、腸管から急激にブドウ糖が吸収され、血糖値の異常高値が起こることが確認された。

インスリンを注射すると血中ビタミンc濃度が低下する。腸管からのブドウ糖の吸収を抑制し血糖値を下げる方向への動きをおこす。そこでビタミンcの摂取によって、インスリンの投与量を減らす事ができる事がわかる。

ビタミンcを1g増やす事でインスリンを2単位減らす事が可能らしい。

糖尿病になると、あらゆる病気になる可能性を格段にあげる。

皆さんのこれからのよりよい生活をしてもらいたいので、普段からビタミンcを摂取してもらいたいと切に願います。

 

眼病にはビタミンc

こんばんは!交野市倉治、枚方市津田駅から徒歩5分の好立地!かのえ鍼灸整骨院の宮川です。

今週の栄養学は『眼病にはビタミンc』です。

日本人は世界で最も目の悪い人種と言われています。

その割には世界的に見ても眼科の医療技術は低いと世界1の眼科医の深作先生の著書に書かれていた。また一度読んでもらえればと思います。

牛の実験で確認されているが、目のビタミンcの血中濃度は他の臓器の中でもかなり高く、目のビタミンcの必要度は、副腎、脳下垂体についで3番目に高い。

眼球においてビタミンcの関係する代謝は12種ある。即ち、12種目の機能障害に関係する事がわかる。

緑内障や白内障にかかっている患者はかなり多い。

なぜビタミンcがそういった眼病に働くのかはここでは長くなるので書かないご、またイベントなどで解説するので、是非イベントや勉強会に参加しで下さい!

#枚方

#交野市

#鍼灸整骨院

#津田駅

#眼病

#ビタミンc

#白内障

#緑内障

#眼圧

ビタミンCは白血球の活動を高める。

こんにちは!かのえ鍼灸整骨院の宮川です。

さて今日の栄養学は『ビタミンCは白血球の活動を高める』です。

あんなに暑かった夏も終わり、一気に寒くなり風邪をひく人も増えてきているのでは無いでしょうか?

薬を飲む人や漢方薬がいいと、多用する人、抗生物質を飲む人もいるでしょう。

今回は薬に頼らずビタミンCを取ろう!っていう事をお伝えします。

風邪のほとんど九割近くウイルスによるもので、後一割は菌によるものらしい。その一割のために、抗生物質を飲むというのは、かなり危険な事で、腸内細菌を殺し、免疫力を下げていることになる。

ビタミンCの抗ウイルス作用は

①直にウイルスを攻撃して破壊する

②白血球の食作用を増強する

③インターフェロンを作って間接的にウイルスの活動を阻止すること。

である。

白血球はビタミンC血中濃度の存在下で力を発揮する。

ヘルペスウイルスの患者血中濃度はかなり低いという報告や、がん患者の3人に1人はビタミンCの血中濃度が0であるという報告もある。

風邪を引きそうになったら1時間に1グラムから2グラムのビタミンCの摂取が良いらしい。

結構僕は真剣になるべく薬に頼らない世の中というのを考えています。

そういった仲間が1人でも多く、集まってくれればと思いますので、よろしくお願いします