こんにちは、かのえ鍼灸整骨院の宮川です。

今回は『フェースラインを崩さないためには、、』

というのに題して、フェイスラインを崩してしまう食事について書いていきます。

フェイスラインを崩さないためには

今回はフェイスラインを崩してしまう食事についてです。どういったことかというと、普段皆さんは歯を食いしばったりはしませんか?寝ているときに歯ぎしりをしているといわれたりしていないでしょうか?

結論から言うとそれは糖質過多になっていると考えられます。

 

歯を食いしばったり、歯ぎしりをすると、咀嚼筋が過度に収縮します。そのため大量にエネルギーを消費してしまうため、水分子が大量に出てきます。


その水分子が吸収できずに組織間に溜まってしまうと、顎部や喉で浮腫がおこりフェイスラインを崩すてしまうという事になります。

 

さて、それではどうして糖質過多になると食いしばりや歯ぎしりをしてしまうのでしょうか?



一度に大量の糖分を摂取すると、膵臓から血糖値を下げるためインスリンが大量に分泌されます。そのため血糖値の乱高下がおこります。

すなわちインスリンの分泌のために低血糖が起こります。

その血糖を上げるため、交感神経が活発になりアドレナリンを大量に分泌させて血糖を上げようとします。

そのため、動悸や、発汗、イライラなどが起こり、イライラは歯ぎしりや食いしばりが起こるという事になります。

長期間の糖質過多は脳内のドーパミン濃度が低下を招き糖質依存症を招きます。

ドーパミンについて詳しくはドーパミンについて を参照してください!!

これに、ビタミン、ミネラルなどの栄養不足が加わると最悪です。

(糖質の代謝に必要なビタミンB)

感情を生み出すホルモンの材料がないために感情が平たん化うつ状態になってしまいます。

皆さん時々嗜好品として甘いものを取るのはいいのですが、頻回にわたり大量に摂るのはきをつけてくださいね!!



暑くなってスポーツ飲料を大量に飲むのはフェイスラインを崩してしまうのでご法度ですよ!!

 

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です