ビタミンDとアレルギー

ビタミン

皆さんこんにちは!!かのえ鍼灸整骨院の宮川です。

今回は「ビタミンDとアレルギー」について解説いたします。

最近というかアレルギーで悩まれている方が多いのではないでしょうか?そんな方のために少しでもお役に立てる情報をお届けしたいと考えています。

今回のブログでは、

①アレルギーを防ぐためには?

②ビタミンDについて

③ビタミンDが不足するとどうなるか?

④ビタミンDをどれくらい、摂取の方法など解説します。

1・アレルギーの対策

 

アレルギーの対策はまず、自然免疫をいかに活性化していくかが鍵となります。

自然免疫センサーを効率よく働かせるためには、乳酸菌などの勤怠成分を摂ることが必要となります。発酵食品を摂ることがいいのは自然免疫を優位にするんですね!



さらに自然免疫を優位にするために、必要となるのが今回の主役 ビタミンDとなります。

2・ビタミンDについて

ビタミンDといえば骨にたいして効果があるように思われている方が多いようですが、他にもたくさんの効果があります。不足すると背むし男のように背骨が曲がるだけのイメージを持たれている人も多いでしょう。

ビタミンDには植物性ビタミンD2と動物性ビタミンD3があります。太陽に浴びるとコレステロールからビタミンD3を合成することができます。人は紫外線を浴びるとビタミンD3を体内で合成することができ、免疫や筋力が強化される。

ビタミンD受容体は卵巣、卵管、子宮内膜や腸管に分布しています。主に腸管では腸に集結する免疫細胞に対して多くをサポートします。


したがってビタミンDの血中濃度が正常であればアトピーやアレルギーになりにくいという事です。

3・ビタミンDが不足すると?

ビタミンDは骨の成長はもちろん、血管再生や肺の発育、精神の安定、認知機能に関与している。女性では生殖器に広く分布しているため妊娠や婦人科の疾患にも関与しています。

そのため不足すると、側弯症などの骨の疾患、循環器系の病気、慢性閉塞性肺疾患、鬱病、早産、子宮内膜症、アルツハイマーなど

ドイツの研究ではビタミンDが不足すると6歳で肺の発育が悪く、10歳では神経・認知機能が低く、青年では摂食障害のリスクが増えるといわれている。



妊娠中にビタミンDが不足すると生まれた子供は喘息やアレルギー疾患に罹患することがあります。血中濃度が低いとさらに重症化することがあります。

結構大変なことになりそうなので、小さいときからビタミンDはしっかり摂取することが大切です。

4・ビタミンDの摂取方法

ビタミンDは先述のとうり紫外線を浴びることにより生成できます。

カルフォルニア大学の研究では血中濃度が46ng/mlで効果が最大になると言われています。

大体25分ほど日焼け止めや肌を露出した状態で浴びることが大切です。女性は日焼けやシミ、活性酸素の問題があります。



食事では、シラスやシイタケに多く含まれています。しかし一日4000IU摂取することが必要なので、たくさん摂ったとしてもまだ足りません。

僕の個人的にはサプリメントで摂取するのが手っ取り早くていいと思います。

ビタミンD高濃度の海外製サプリを購入ならアイハーブ!!

さていかがでしたでしょう?皆さんもアレルギーだけでなく、健康のためイタミンDを摂取してくださいね!!

ではまたよろしくお願いします!!

 

 

 


コメント

タイトルとURLをコピーしました