1・起立性調整障害とは?

OD(Orthostatic  Dysregulation:起立性調整障害)という自律神経失調症の一種の症状が最近小、中学生の間で問題になっている。

現在の小中学生の20%位がその疑いがあるらしい。

症状としては、立ちくらみや失神、朝起きの不良、倦怠感、動悸、頭痛など。不登校の3~4割はODに併存するらしい。

成因としては、自律神経の失調、水分不足、心理的ストレス、日常の活動量の低下などとなっている。(日本小児心身医学会参考)

2・当院での栄養指導

当院にも、時々ODの症状をもった学生、原因不明の登校拒否の学生が来院されます。

当院での考え方として

①エネルギー代謝の問題

②重度な鉄タンパク(フェリチン)不足

③酸欠

と考えています。

さて、まず①について。エネルギー代謝とについては前回のブログで説明しているので省かせていただくとして、エネルギー代謝に必要なまず大切なビタミンとしてはビタミンB群です。ビタミンB群はエネルギー不足の改善に深くかかわっています。それはエネルギー源である糖質・脂質・タンパク質の代謝に欠かせない働きを持っています。エネルギーが必要になったときエネルギー代謝を円滑に行われなければいけないため、常に栄養素が十分存在していなければいけないのですが、水溶性ビタミンであっるため体内に保持されにくいため不足しがちです。

ミネラルとしてはマグネシウムが必要です。マグネシウムは体内で600もの生命反応にかかわっており、不足するとうつ病、逆流性食道炎、目のぴくぴく、足がつるなどの症状がでます。マグネシウムはサプリメントでとると高濃度過ぎて吸収が悪かったり、種類によっては健康を害する場合があるので短期的な使用することをおすすめします。



当院ではビタミンC2グラムとビタミンB-50を朝昼晩の3回。マグネシウムの摂取は、海藻類と豆類の食事で摂取できます。大体400ミリgから500ミリgを目安に摂取してください。あとお勧めで入浴剤としてエプサムソルト(硫化マグネシウム)を入浴時にいれて経皮吸収する方法があります

②鉄タンパク(フェリチン)不足。日本の女性の9割は鉄分不足と言われています。健康診断で貧血がなくても、本当に鉄不足か知るためにはフェリチン値を知る必要がありあす。このフェリチンとは、鉄と結合しているタンパク質のことで体の組織の細胞質に存在しています。このフェリチンが不足した状態を「潜在性鉄欠乏症」といいます。この欠乏症の症状としては、軽いもので頭痛、イライラ、だるいなどの不定愁訴から、うつやパニック症状を訴えます。当院での指導としては、鉄のサプリメントの摂取、フライパンを鉄素材のものに変えるなどの指導をします。

ただ鉄というのは摂取が難しく、野菜(ほうれん草やチンゲン菜)ではほとんど摂取できないので、やはり、サプリメントを使用を勧めます。









お茶の中のタンニンで摂取が大幅に落ちてしまうので水で飲むこと。吸収率を上げるためビタミンCと摂取する。ビタミンEとは相性が悪く吸収率が落ちてしまうので同時に取らない。

タンパク質が不足していると鉄を摂りにくいという方がいます。まずプロテインなどでタンパク質を十分摂取してから鉄サプリを摂りましょう。だいたい体重×1グラム~2グラムが目安で、50キロ人は50グラムといった感じです。

海外製サプリが費用対効果がよく、高品質なものが多いので

をご購入を検討してみてください。。

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です