学級、職場崩壊は質的栄養障害から?


今年ももうすぐ終わりますねー、、。

さて今年最後の栄養学は『学級、職場崩壊は質的栄養障害から?』です。

来年も皆様がよりよい環境で勉強でき、仕事をする為には人と人との関係が大切でしょう。

人それぞれ色々な環境で育っているので、住む場所、国籍や人種、宗教など共通点はあるものの個人や家庭や地域性の習慣や性質があり、それに対して『許せる』というのが大切だと思います。

では、『許せない』時に人はそれを排除しようとするのがイジメや嫌がらせになるのではないでしょうか?

『許す』というのは目や耳、臭いなどその個人にとってな 嫌悪を感じる感覚を脳の中で抑制又は慣れを起こすという事になるのではないでしょうか?

脳の中の感覚情報は伝達物質によって興奮したり抑制したりする。

許すというのは、伝達物質により抑制する事が大切なのではないでしょうか?

質的栄養障害になると脳に入ってきた『許せない』感覚情報を抑制できなくなり、我慢が出来なくなり、排除行動をとってしまう。

脳の伝達物質というのは、タンパク質を基に補酵素であるビタミン、補因子である鉄やミネラル、コレステロールなどの材料が必要です。

職場や学級が崩壊しているという事は、その原因となっている個人の家庭も崩壊している事が多いらしい。

皆さんの周りの環境はどうですか?

色々あると思いますが、崩壊の原因の一つとしてみてもいいのではないでしょうか?

では皆さま良いお年を、、。

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です