エネルギー代謝と冷え症


今日は、かのえ鍼灸整骨院の宮川です。

今日の栄養学は『エネルギー代謝と冷え性』です。

代謝、代謝と最近流行りであるが、生体の代謝には『エネルギー代謝』と『物質代謝』に大きく分かれる。

今回はエネルギー代謝と体温について書いていこうと考えている。

人体の体温に使われる必要なエネルギーというの、物凄く多く全エネルギーの6・7割ほど使われる。それだけ体温というのが人体の生命維持に必要であるという事です。

体温はエネルギーを消費した時に出る熱で発生します。

体温が低いというのは体のエネルギー代謝が低いことを意味するのです!!

体の中で代謝を起こすための適正温度というのがあって、35度から40度の間とされている。体温が低いというのは、生体反応や代謝が起こりにくくなり免疫を低下させ感染症にかかりやすくなったり、腸の筋活動が悪くなり便秘になったり、消化不良など体の機能を落としてしまうことになったり精神活動の低下などもおこるのです!最悪命を落とす結果にもなりかねません。(冬山などで低体温で意識を失うみたいなのです)

足先や手先が常に冷たい方は中心の温度(核心温度)が低いと想像できます。

では、そのエネルギー代謝を上げ、体温を上げるためにはどうすればいいのでしょう?

運動?

ホッカイロを使う?

厚着をする?

などありますが、どれも一時的な効果にすぎません。効果的に抹消まで体温を上げるためには核心温度を上げる必要があります。

そのためにはそのエネルギー代謝に必要なの材料とある物質の補給が優先的に行われる必要があります。

ですので冷え性の人は、まずたんぱく質(動物性)ビタミン、ミネラルを自分の思っているより多くとってくださいね!!

必要なビタミンなどの相談についてはまたご連絡くださいねーーー


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です