熱中症には塩分とマグネシウムを

『熱中症対策に塩分とマグネシウムの摂取を!!』

熱中症といえば水分補給とクーラーというのが一般になっていますが、もっと大切なのが塩分とマグネシウムです。

塩分が不足すると水分不足より深刻な脱水で死に至ります。

ここで問題なのが、汗には塩分やマグネシウムが含まれています。どんどん汗で塩分が失われている中、水分を大量に摂取すると、体内の塩分濃度が薄くなってしまい、塩分不足による脱水を起こしてしまうのです。

また、マグネシウムも不足すると筋肉が緩むことができなくなるので、心臓の筋肉や血管が収縮してしまい、心筋症を起こしてしまい死に至る人が多いようです。炎天下ランニングをしていて足がつるなどはコレが原因。

清涼飲料水などのスポーツドリンクは糖分が、大量に含まれているためペットボトル症候群になる恐れがあるため注意が必要です。

色々な情報を見ていてもあまり話題になっていないのですがすごく大切なことです。

水分補給だけでなく、マグネシウムが添加された塩の補給をして下さい!