鉄不足の母親の子供は自閉症、多動傾向になる?

こんにちは、かのえ鍼灸整骨院の宮川です。
 
今週の栄養学は「鉄不足の母親の子供は自閉症、多動になりやすい?」
です。
 
栄養学の投稿をしてから鬱、パニック、多動や自閉傾向にあるお子様の質問が多くなってきた。実際当院で栄養学の指導をして実践された方はほぼ改善している。
 
これから出産を考えられている方や、出産を控えている方、お子様が多動や自閉傾向にある方もおられると思うので、共感できる方は参考にしてほしいと願っている。
 
鬱、パニック、心気症など何らかの精神疾患で通院されている方がものすごく多くなっているらしく、6人に1人はなんらかの精神疾患にかかっているという情報もある。
 
僕の身近な人も数人、鬱やパニックで通院している人もいる。
 
さて鉄分というのは人体にとってかなり重要な栄養素で、15歳から50歳の女性の8割は鉄分が不足しているらしい。
 
一般に鉄不足というのは「ヘモグロビン値」である。酸素を運ぶヘモグロビンには鉄を中心に作られており、ヘモグロビンが不足すると酸素が運べず酸欠を起こす。
 
もう一つの鉄の指標は「フェリチン」といわれる肝臓に多く含まれる鉄たんぱくである。いわゆる貯蔵鉄といわれるものである。ヘモグロビンが不足すると、このフェリチンを放出して赤血球をつくる。
 
鉄の役割は赤血球を作るだけではなく、
①神経伝達物質であるセロトニンやドーパミン、ノルアドレナリンを作るために必要である。鉄が不足するとこれらの神経伝達物質が不足してしまうため神経症状を呈する。
②活性酸素から身を守るためのカタラーゼを作るのに必須。
③エネルギーを作るミトコンドリアに鉄が必要。
などがある。
 
生理や出産、産後で鉄が不足すると産後鬱や整理時の鬱状態やパニックを起こす。
 
出産時にこのフェリチンの値が低いとその影響は子供に受け継がれ、その子供は落ち着きがなかったり、コミュニケーション障害や学習障害があらわれるという事らしい。
 
海外ではフェリチン値が低いと出産を制限されることもあるが、日本では軽視されている傾向にある。
 
鉄を摂っても改善されない人はたんぱく質(動物性)を十分とってほしい。それに並行して鉄剤、また吸収をよくするためのビタミンCも取ってもらいたい。
 
本当に悩まれている方が多いと感じています。皆さんが良好な生活、出産ができることを切実に願っています。
 
かのえ鍼灸整骨院
交野市倉治7-11-8