日本の食事推奨食事バランスには根拠がない

こんにちは、かのえ鍼灸整骨院の宮川です。

今回の栄養学は「日本の食事栄養バランスには根拠がない」です。

三大栄養素である炭水化物、たんぱく質、脂質の摂取割合は

炭水化物:たんぱく質:脂質=60:20:20とされている。

この食事に根拠があるのかというと、日本糖尿病学会でもこの比率には根拠がないとされています。

この比率は日本糖尿病学会の食事療法の担当者が述べているのですが、

「3大栄養素の最適な栄養摂取比率にはエビデンスは乏しいのが現状だが日本の食生活がエビデンスであると思います。」ということで科学的根拠やエビデンスはない、でも何となくそうじゃないの?的な感じである。

50年前から糖尿病患者の食事療法の必須本で食事交換表でこの比率がしるされているのですが、50年間もほとんどこの比率がかわっていないらしいです。

すごい怖いことなのですが、なんとなくの比率が糖尿病患者の食事療法の基本になっているのです。これは食事療法と言えるのかわかりませんよね。

僕は熱狂的な糖質制限論者ではないのですが、糖質の摂取には意識している。

糖質制限の本では炭水化物摂取量は一食だいたい5グラム以下に設定されているようで、

ケトン体ダイエットでは一食20グラム~40グラムとされている。

白米がお茶碗1杯が55グラムを目安にしてもらえればいいと思うのですが、結構大変です。

ダイエットや病気の治療など目的に合わせてもらえればと思います。

ビタミン・ミネラルの取り方という本には、栄養源にはなるが全くとらなくても問題がない記載されている。それより過剰摂取や問題点の方がめちゃくちゃ多いので炭水化物の摂りすぎには気おつけてほしい。