若々しさを保つならビタミンE

こんにちはかのえ鍼灸整骨院の宮川です。
 
今週の栄養学は「40歳になると細胞分裂が低下する。若々しさを保つならビタミンEを摂ろう!」
 
歳を取るのは嫌ですねー。という事で今回は老化について書いていこうと思う。
 
ビタミンEについてはたびたび僕のブログで登場する。
ビタミンEはすぐれたビタミンで酸化ストレスに対して有効です。
 
さて、人間は40歳を境に細胞分裂が急激に落ちてしまう。これをヘイフリックの限界というのだが、これは細胞を取り囲んでいる細胞膜が酸化される自動酸化が起こるためと言われている。(染色体のテロメアが短くなるということもあるらしいが、、)
 
細胞の分裂が低下するという事は細胞の入れ替わりが起こらず、生体反応が落ち老化現象が起こるという事です。
 
そこでビタミンEの登場である。ビタミンEは細胞膜の酸化を防ぎ細胞分裂を再開させる働きがある。
 
ここで問題であるがビタミンEには数種類あるがその内、人間にとって有効なのはα-dトコフェロールと言われているビタミンEで天然ビタミンEと言われているものです。
 
サプリメントでも天然ビタミンEと記載されているものを摂ってくださいね!!