アルツハイマーにはメガビタミン?


こんにちは!!かのえ鍼灸整骨院の宮川です。
 
今週の栄養学は「アルツハイマーにはメガビタミンです。」
 
信じるか信じないかは皆さんにお任せしますので気軽に読んでみてください。
 
 
 
僕が病院勤務時代、早期退院という概念が浸透していなくて入院患者の手術後長期入院が当たり前で認知症になる患者がめちゃくちゃ多かった。2025年には65歳以上の高齢のかたが約700万人になることが予想されているらしい。10年で1.5倍になるとされている。
 
医療負担、介護負担や老々介護の問題。私たちの将来や子供たちの負担を考える明るいとは言えない。
 
僕がこの投稿をしているのは栄養学によって病気を軽減できればと思っています。
 
さてアルツハイマーの原因は様々で、例えば、アルミニウムイオンの過剰摂取、糖質の過剰摂取による最終糖化産物AGE、脂肪酸の酸化によるリポフスチン、コレステロールの摂取不足(脳の3分の1が脳の材料)などなど。
 
こういった問題対しアメリカ、カルフォルニア大学アーバン校ではナイアシン2000~3000ミリグラムで病気は治癒し発病しなかったと述べている。
ナイアシンの摂取量が多いとアルツハイマーの発症率が70%低下したとされている。
 
米国のアルツハイマー協会ではビタミンE、C、B12、葉酸がアルツハイマーの発症リスクを低くするのに役立つと示唆している。ビタミンEは日常生活や居住介護の能力を遅らせることが研究により示されている。
 
最後にアルミニウムの排出のためのミネラルについて
アルミニウムはホットケーキミックスや膨らまし粉の日常的なものや食器、薬などにも含まれているので排出することが必要です。対抗するミネラルとしてマグネシウムと鉄が排出を促します。
 
僕自身後世になるべく面倒をかけさせたくないよう栄養学を学んでいます。先にも述べましたが信じるか信じないかは皆様にお任せいしますがビタミンを高摂取で予防が期待できるのであればいいですよねー!!
 
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です