アルツハイマーにはメガビタミン?

こんにちは!!かのえ鍼灸整骨院の宮川です。
 
今週の栄養学は「アルツハイマーにはメガビタミンです。」
 
信じるか信じないかは皆さんにお任せしますので気軽に読んでみてください。
 
 
 
僕が病院勤務時代、早期退院という概念が浸透していなくて入院患者の手術後長期入院が当たり前で認知症になる患者がめちゃくちゃ多かった。2025年には65歳以上の高齢のかたが約700万人になることが予想されているらしい。10年で1.5倍になるとされている。
 
医療負担、介護負担や老々介護の問題。私たちの将来や子供たちの負担を考える明るいとは言えない。
 
僕がこの投稿をしているのは栄養学によって病気を軽減できればと思っています。
 
さてアルツハイマーの原因は様々で、例えば、アルミニウムイオンの過剰摂取、糖質の過剰摂取による最終糖化産物AGE、脂肪酸の酸化によるリポフスチン、コレステロールの摂取不足(脳の3分の1が脳の材料)などなど。
 
こういった問題対しアメリカ、カルフォルニア大学アーバン校ではナイアシン2000~3000ミリグラムで病気は治癒し発病しなかったと述べている。
ナイアシンの摂取量が多いとアルツハイマーの発症率が70%低下したとされている。
 
米国のアルツハイマー協会ではビタミンE、C、B12、葉酸がアルツハイマーの発症リスクを低くするのに役立つと示唆している。ビタミンEは日常生活や居住介護の能力を遅らせることが研究により示されている。
 
最後にアルミニウムの排出のためのミネラルについて
アルミニウムはホットケーキミックスや膨らまし粉の日常的なものや食器、薬などにも含まれているので排出することが必要です。対抗するミネラルとしてマグネシウムと鉄が排出を促します。
 
僕自身後世になるべく面倒をかけさせたくないよう栄養学を学んでいます。先にも述べましたが信じるか信じないかは皆様にお任せいしますがビタミンを高摂取で予防が期待できるのであればいいですよねー!!
 
 

睡眠障害について

こんにちはかのえ鍼灸整骨院の宮川です。
 
今日患者様で眠りが浅い、寝られないという方が来られたので、今日は睡眠についての栄養学的に。
 
この睡眠障害は思ているよりもかなり悩まれている方が多いみたいで僕が学生の時に、たしかうつ病より患者数が多いという事を聞いたことがある。
 
睡眠が浅いという事や、なかなか眠気が来ないという事は、脳が興奮状態にあることや、脳の働きを抑制できていないという事になる。夢を見るをいうことは脳の働きが抑制できないためと考えられる。
 
脳内の働きを抑制するために必要な脳内伝達物質が、セロトニンとメラトニンである。
 
このセロトニンとメラトニンを作るために必要なアミノ酸がトリプトファン、ビタミンはB6、鉄分である。
 
特に鉄分が不足すると「ムズムズ脚症候群」、海外では「レストレスレッグス シンドローム」と言われる症状がでる。これは、普段抑制できている感覚を感じ取ってしまうため、睡眠に足がムズムズしてしまったり、足がつったようになる症状である。これがかなり多くの人を悩ませている。当院でも何人かこの症状を訴えた方が多かった。
 
この鉄分不足は日本ではかなり深刻で、女性の9割が鉄分不足であらしい。うつやパニック障害、多動、摂食障害などにも(ほかにももっとあるが)関係している。思春期の女性や妊婦の方は是非摂っていただきたい。
(病院で鉄の点滴をすることがあるらしいが、むき出しの鉄を体内に直接入れると肝臓の機能を低下させるので注意してください)
 
ビタミンB3(ナイアシン)が不足するとビタミンB6が大量に使われてしまうためビタミンB3(ナイアシン)も一緒にとってくださいね!!ナイアシンも統合失調症の治療に使われるので人間の精神に大切です!!
 
 
皆さん良い睡眠をとって頑張っていきましょう!!

花粉症にはナイアシン?

こんにちはかのえ鍼灸整骨院の宮川です。
 
今回の栄養学は「花粉症にはナイアシン」です。
 
ナイアシンというのは、ビタミンB3の事です。
ナイアシンはかなり重要なビタミンであり、僕が好きなビタミンのうちの一つである。
 
ナイアシンが不足するとペラグラという症状になる。
4dといってナイアシンが不足すると皮膚炎、認知症、下痢、死となる。
日光による発赤や腫脹をおこし光線過敏症様症状をおこす。
 
最近海外ではでは統合失調症の治療薬として使われている。
 
ナイアシンの事は山ほど書きたいことがあるが、今回は花粉症の事について。
 
ナイアシンの効果の一つとして細胞内にあるアレルギーに関係する物質ヒスタミンを放出する。そのヒスタミンを放出することにより花粉症を軽減するという考え方である。
 
僕も花粉症だったが一日500ミリグラム2度に分けてナイアシンを服用して去年からあまり症状が出ないので効果はあるように思う。
 
ただ、ヒスタミンを放出するときに、体がかゆくなったり、顔が赤くなったり、などナイアシンフラッシュという症状が出る。これがかなり強烈で、好き嫌いがあり、あまりおすすめできないです。
 
因みに僕も初めは体をひっかきまわして傷だらけになったことがある。今はナイアシンフラがないと物足りないように思えるのが不思議です。
 
もう一つ厄介なのが、日本のメーカーは遅れているためかナイアシンを販売しているメーカーはないので、海外製の物を購入することになります。アマゾンでも買えたと思うのですが送料がかかると、通常の2から3倍の値段になってしまうのがちょっと厄介ですね。
 
薬は嫌だという方は一度ナイアシンを試してみてください。
 
もしご興味がありましたら一度ご連絡くださいねーー。
ビジネスやら押し売りやらは一切しませんのでご気軽に。。。

歯茎の出血傾向は致命的なコラーゲンとビタミンC不足

こんにちは、かのえ鍼灸整骨院の宮川です。
 
今回は「歯茎の出血傾向は致命的なビタミンCとコラーゲン不足」
です。
歯の痛みの患者様が来られたのですが、歯を磨いた時に出血が止まらないということでしたので、今回は歯茎の出血について書いていこうと思います。
 
ビタミンCの不足した時にでる症状として壊血病というのがあります。この症状は容易に出血してしまいます。
これは、ビタミンCはコラーゲンを合成する際に必要だからです。ビタミンCが不足するとコラーゲンを合成することができなくなり皮膚、血管が劣化してしまい、容易に出血してしまうということになります。
 
歯茎もコラーゲンで構成されており、もしコラーゲンの材料であるたんぱく質と合成するためのビタミンCが不足すると歯茎が出血傾向になるということになる。
 
歯茎だけでなく、肌や血管もコラーゲンで大部分が構成されているので、いつの間にか内出血することがある場合、致命的にたんぱく質とビタミンCが不足していると考えらます。
 
血管が出血傾向になるということは脳出血やクモ膜下出血になりやすいという事にもなる。
意識して摂っていただく必要があります。
 
ビタミンCは水溶性ビタミンで一日2グラム以上取る必要があります。
水溶性なので尿で出てしまうので5回に分けて取ることをお勧めします。
2グラムというのはレモン40個分に相当します。食べ物でとるのはほぼ不可能なので、サプリメントでとることをお勧めします。ビタミンCは構造的に単純な構造なので合成であろうが天然であろうがあまり関係ないので、商品に関係なく摂ってくださいね。
 
では皆さまの健康でことを願っています。