タンパク=酵素 補酵素=補酵素


こんにちは。かのえ鍼灸整骨院の宮川です。
 
今週の栄養学は「タンパク=酵素 ビタミン=補酵素」です。
最近、酵素でダイエットやら美容やらの商品があふれている。
発酵食品やフルーツを酵素と言われている方も多いので誤解が多いが、人にとって酵素とはたんぱく質です。
 
この酵素、人間にとっては物凄く大切で、総蛋白のうち3分の1細胞で作られている。数万種類あると言われている。
 
人間の生命活動は物理学と化学反応で行われているのですが、その化学反応を行うために酵素が必要なのです。
 
しかし酵素だけでは働くことができないため、補酵素くっつくことによって酵素は生命活動を行うことができるのです。
 
生命にとって補酵素はビタミンです。
 
人間が健康的な活動を行おうと思えばたんぱく質とビタミンをしっかりとることが必要です。
 
細胞はその環境によって、その環境に応じた酵素をDNAが作るので、その材料となるたんぱく質を摂っていっればいいし、酵素をそのまま摂取したところで消化管でアミノ酸に分解されるのである特定な酵素を取る必要はないと考えられます。
ただ、たんぱく質は20種のアミノ酸の組み合わせによって種々のたんぱく質がつかられているので、20種のアミノ酸をまんべんなくとる必要があります。
最もアミノ酸がバランスよく含まれているのは卵です。
 
沢山卵を食べましょう!(卵1個=たんぱく質7グラムくらい)
 
因みに一日に必要なたんぱく質は体重×1000分の1グラム必要ということです。40キロの人ならば40グラム必要ということです。スポーツ、病気、成長期の場合はもっととる必要があります。
 
まだまだ、風邪をひきやすいです!体調管理のためにたんぱく質と、ビタミンを取ってくだいねーーー。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です