低糖質 高タンパクベークドチーズケーキ作ってみた。

市販で高タンパクの携帯食や添加物のあまり含まれていない食べ物というのがなかなかない。軍事食のレーションを考えたが、ものすごく高いし、高炭水化物のものが多い。そうなったら少し手間はかかるけど、低糖質で高タンパクの物を自分で作った方がコストパフォーマンスも、身体にも良いと考えて作ってみた。

何がいいか考えた結果。チーズ、卵、おからパウダー、プロテインを使えて美味しいものといえばと考えて、ベークドチーズケーキを作ることにした。

材料は

クリームチーズ200グラム

生クリーム200ml

卵2個

溶かしたバター20グラム

おからパウダー大さじ2杯

ソイプロテイン大さじ4杯

スキムミルク大さじ2杯

ラカント大さじ2杯

以上を完全に混ざるまでかき混ぜて180度でオーブンで20から30分焼くだけ

後は粗熱をとって完成!

焼く時間を合わせると40分ぐらいでてきます。

簡単で高タンパク、低糖質なのでダイエット中の方やアスリートの方にもおススメです。お試しあれ!

 

 

卵は悪者か?

今回は前回のコレステロールについての追加である。今日来た人に卵を食べるとコレステロールがすぐ上がるから卵は食べないといわれたので、卵=コレステロール=悪者という根拠のない話がまだ信じられていることにちょっとびっくりした。

あとコレステロールがすぐ上がるというのが面白い。卵を食べる前に一度採血して、食べた後にも採血したのであろうか?あいまいな知識なのに断定するというおかしさがある。

話が脱線するが、今日脂肪の代謝や脂肪酸についての本を読んでいた。いつも科学や栄養学の本を読んでもイメージがつかなくなる。なぜかというと、グルコース、酢酸、クエン酸、コレステロールなどはすべて水素と酸素と炭素でのみでできているのだ。この数や構造の違いで全く機能が違うというのが分からない。

脂肪酸では炭素の二重結合の違いで固まった飽和脂肪酸になったり、液体の不飽和脂肪酸になったり、二重結合の場所の違いでω3やらω6の脂肪酸に分かれるが生体に対しては違った反応を起こすのだ。バターやらサラダ油を見ていて、これが結合の違いというのがなかなか飲み込めない。。。

タンパク質も実は炭素、水素、酸素に窒素が加わっただけの事なのである。(メチオニンやスレトニンのようにS硫黄が加わるものもある、、。)したがって、タンパク質が不足すると尿中の窒素の量が少なくなる。その4元素の組み合わせと構造の違いが人間の生体に必要な20種のアミノ酸を作っている。そのうち人間が酵素を持っておらず合成できないので、外から入れなければいけないアミノ酸が9種ありこれを必須アミノ酸と言われている。

日常でこの20種のアミノ酸を摂ろと思うとなかなか難しい。白米だけは全然足りないし、植物性タンパク質の代表である大豆にしてもまだ不足してしまう。アミノ酸スコア‐が100である食材は卵とシジミだとどこかで読んだような気がする。

てっとり早く十分なタンパク質を摂ろうと思えば卵をたくさん食べるのがいいように思うのだが、コレステロールというのが皆さん引っかかるようだ。

しかし、卵の摂取とコレステロールの増加するという事実は認められていない。

また、卵1個のコレステロールは約0.2gで、成人男性体内のコレステロール総量は120から160gである。卵6個食べても1%に満たない。

そうそう単純ではないにしろ、たくさん卵を食べてほしいものだ。

コレステロールは悪者か?2

さてコレステロール2回目だ。前回の投稿からしばらくぶりだ。僕はオタクだと思うのでかなりの量の映画やアニメ、ドラマを結構見ることが多いため投稿が遅れてしまう。これについてはまた別のブログで紹介するとして、今回はコレステロール2回目。

前回はコレステロールが悪者とされたことについて少し触れた。

ではコレステロールは何かを知ろうと思う。前回も述べたが細胞には細胞の膜の流動性を得るためにコレステロールが必要である。また、ホルモン特にステロイドホルモンといわれる性ホルモンや皆さんが知るアドレナリンなどの材料でもあり、さらに神経の伝達を円滑にしたり、血管の修復、脂肪の消化の手助けする媒体、ビタミンA、D、Eなどのビタミンの吸収にも役立つ。多岐にわたる活躍があり生体の維持には必要不可欠である。

作られた、または摂取されたコレステロールを全身に運び、また使い終わった古いコレステロール回収する必要があるが、この役目をするのがLDLとHDLというリポタンパクでありたんぱく質なのである。ちなみにHDLは日本語で高密度リポたんぱく質で善玉といわれおり、LDLは低密度リポタンパクといい悪玉と言われている。これらのタンパク質にコレステロールが結合しHDLコレステロールやらLDLコレステロールやらと言われている。

難しいことは抜きにしてLDLコレステロールは輸送として働き血流で全身にHDLは古くなったコレステロールを回収すると考えていただければいいと思う。東海大学の名誉教授の大櫛陽一先生の言葉を借りれば細胞に細胞に運ぶのがLDLコレステロールで古くなたコレステロールを回収して肝臓に返す役割をするのがHDLコレステロールということだ。役割が分かれば悪玉も善玉もない。

考えてみれば人間には調節機能がありLDLコレステロールが高いというのは身体に不足しているためかもしれない。

しかしLDLコレステロールが高いというのは、それだけ余剰糖や活性酸素などに接する機会が増えるということになる。LDLが血中に存在する活性酸素や余剰糖と反応し変性したLDLになり配達すべき細胞が分からなくなり血管内に常駐していまった場合がある。

つまり真の悪玉は余剰の糖と活性酸素である可能性が高い。

コレステロールの誤解はまだある。コレステロールは水と二酸化炭素と分解されない脂質である。つまりATPの返還にならないということである。たまにコレステロールが高いから運動をしなさい!カロリー制限しなさいというのは見当違いで、肥満とイコールで結べないので気を付けよう。

ところでこのカロリーというのも変で、カロリーは物理的な話では空気中での反応であり生体内では関係ない。カロリー制限を考えるより、何を食べるかを考えたほうが健康を考えるには必要と考えられる。