コレステロールは悪者か?①


今日はなぜかコレステロールの話をすることが多く、代謝について書いていこうと考えている。友人もコレステロールが高いと言われて薬を飲んでコントロールするよう言われたそうだ。だが実際ではコレステロールは人間の体の中で合成されるものがあり人間にとって必要なものである。ではコレステロールは悪者なのであろうか?

コレステロールが健康に影響を及ぼすと言われるようになったのは、1913年にロシアの病理学者ニコライ・アニタコワがウサギにコレステロールを与える実験をおこなったところ、動脈にコレステロールが付着して動脈硬化が起こった事で、コレステロールが動脈硬化の原因であるとして発表した。だが、その後の研究でウサギは草食動物であり、普段はコレステロールなどは全く摂取しない動物であるため、コレステロールを投与した場合それがそのまま血中コレステロールを上昇させてしまう事が分かった。人間はもともと肉食だったためコレステロールを調整する仕組みができていたのでウサギとは根本的に仕組みが違うのだ。だが100年前の実験が、そのまま受け継がれ現在に至っているみたいだ。

60年代には本格的にコレステロールが健康に悪いと言われ始め、肉や卵が健康に良くないと言われるようになった。

1990年代にはコレステロールはHDL(善玉)LDL(悪玉)と2種に分けれるようになった。

最近では、この悪玉、善玉と分けかたはおかしいといわれるようになり、世界的な基準と日本脂質学会の見解に照らし合わせ2015年には厚生労働省はコレステロールの食事での摂取制限を撤廃した。しかし日本動脈硬化学会では未だコレステロールを危険視し、違った見解をしている。

コレステロールは体にとって必要不可欠で脳の成分の30パーセントを占め、細胞膜の流動性、神経伝達、ホルモンなど人間にとってとても重要な役割を担っている。したがってそのコレステロールの働きを正確に知り判断する事が大切である。

次回はコレステロールの働きについてや、HDLやLDLについても書いて行こうと思う。

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です